断捨離でお小遣い稼ぎ!着なくなったブランド服を売りに行こう!

ブランド服なら処分してお金をもらうことができる

近年、断捨離という考え方が注目されています。日本人の場合、物を捨てるのはもったいという気持ちが強く、また、古い物には精神が宿っているといった考え方をする人も珍しくないので、まったく着ることがなくなった服でも大事にしまっている人がたくさんいます。しかし、もったいないという気持ちが強すぎるあまり、着なかったり、使わないものに対して家のスペースを確保したり、あるいはメンテナンスを行うことは非常に無駄なことであり、使わないものは思い切って処分してしまうことで、自然な生き方ができるようになるというのが断捨離の思想です。
処分するものがブランド品の洋服であれば、処分のための費用を取られるどころか逆に収入を得ることができるので、断捨離に共感するのであれば着なくなった物は売りに行った方がいいでしょう。

どのような基準で不要な物を判断すればいいか

ただ、ブランド品の場合、難しいのが取捨選択です。本当に不要なのか判断に迷った結果、売ったら、後々後悔したという例は決して少なくありません。もちろん、売っても買い戻すことは可能ですが、買い取り自体をなかったことにしてほしいというのはなかなか通用しないので、売りに行くものは確実に不要だといえるものだけにしましょう。
では、どういったものであれば不要と言い切れるのかというと、まず、サイズや趣味に合わなくなったものです。また、自分が再び着ることをイメージできないものも処分して問題ないでしょう。ただ、着ることはないものの、思い出深いものは無理に処分する必要はありません。持っていることだけで安心感が得られるというものであれば、それだけで自分にとって価値があるからです。